Category Archives: Zakcq Lockrem

Asakura Robinson is awarded Plan Downtown

Asakura Robinson, along with our team, is pleased to announce we have been selected to develop Plan Downtown, a new 20 year vision for Downtown Houston. We will be working with the Downtown District, Central Houston, Downtown Redevelopment Authority / TIRZ No.3, Houston First Corporation, Theater District Houston, Buffalo Bayou...

Asakura Robinson awarded the Kashmere Gardens Livable Center Plan

Asakura Robinson, along with our team, has been awarded the Kashmere Gardens Livable Center Plan through the Houston-Galveston Area Council. Livable Centers are walkable, mixed-use places that provide multimodal transportation options, improve environmental quality and promote economic development. H-GAC receives funding from local sponsors for a Livable Centers Program to work on...

Welcome our Summer Interns

Each year, we receive more than 100 incredible applications for our summer internship program. This year, we selected two amazing planners, one who will be joining us in our Houston office and one who will be joining us in Austin. In addition to working closely with us on a number...

Welcome Genevieve and Brendan!

We are pleased to welcome two new Associates to our Texas offices. Genevieve Buentello is a landscape architect and will be joining our Houston office and Brendan Wittstruck is an urban designers and will be joining us in Austin. A Laredo native, Genevieve spent much of her life in the...

Postcards from Tokyo: Public Health and the Built Environment

As can be seen by our work with the Houston Department of Health and Human Services, we’ve long been proponents of linking the built environment and healthy communities. As Tokyo is one of the closest cities in the world to being “post-automotive” (more on that later), it’s really interesting to...

Postcards from Tokyo: Introducing our Office

Several times a year, Keiji, Akiko and I visit our Tokyo office to catch up on projects, develop business contacts and deliver lectures to community groups and universities on social design and planning. This year, I thought it would be fun to write a short series of blog posts about our...

Got summer plans? Join our planning internship program!

UPDATE: These positions have been filled for 2015. Please follow us on Facebook or check back often for future opportunities. Asakura Robinson will be seeking two interns in the summer of 2015. This is the 4th year of our planning internship program. Both internships are full-time 12 to 16 week...

Media Review: Houston Transit Reimagining

Last week, the board of METRO in Houston took the huge step of approving the Transit Reimagining plan, which we are proud to have had the opportunity to work on over the last couple of years. The final map is available here in an interactive view and the new system will be...

APA Texas Speaking Sessions

Asakura Robinson’s planning studio organized two panels at the APA Texas Chapter Conference held October 15-18 in Frisco, Texas, just north of Dallas. Zakcq Lockrem and Tara Mather presented on our METRO Bike and Ride Study in a session titled Integrating Bicycles with Transit: Lessons from Houston. Shaida Libhart, a...

アサクラ・ロビンソン、ピッツバーグ市の「空き地利用ツールキット」プロジェクトチームに選ばれる

当社はブレンアソシエートと共に、ピッツバーグ市の都市計画課の実施した「ピッツバーグ空き地ツールキット」プランのコンペに選ばれた。 このプロジェクトは市の空き地に対する対処の仕方を向上できるような政策の枠組み作りを援助し、また何か他の使い道を提案したいという思いに駆られた地域住民や団体のガイドブックを作成するものである。 都市計画課に加え、多くの諮問委員会と共に取り組んでいる。例えばGTech、ピッツバーグ公園管理委員会, 西ペンシルベニア管理委員会、Tree Pittsburgh, 都市再開発庁、ピッツバーグコミュニティ再投資グループ,Grow Pittsburgh, ペンシルベニア州立大学 そしてピッツバーグ上下水道公社である。 11月には我々はピッツバーグを訪れ、空き地を利用した地域の興味深いプロジェクトを幾つか視察して回った。例えば街路樹サンプルプロジェクト、都市型農地、コミュニティガーデン、臨時型図書コーナーや遊び場といったところであろうか。このすばらしい都市の魅力をもっと発見し、空き地がもっと魅力あるものに変革していくことを期待している。 このプロジェクトは12月に開始され、2月まで続きます。フェイスブックで続きはお読みください。  ...

Two Recent Studies Published

The planning studio at Asakura Robinson recently completed a pair of plans which represent new types of projects for the firm. The Willow Waterhole Prairie Management Area Public Access Plan is one of the first completed projects in our new environmental planning concentration. Led by Eric Leshinsky and combining our concern with...

Asakura Robinson awarded Pittsburgh Vacant Lot Toolkit

Asakura Robinson, along with Brea​n Associates, has been awarded the Pittsburgh Vacant Lot Toolkit from the Department of City Planning of in Pittsburgh, PA. The project seeks to create a guidebook for community members and organizations who would like to put the city’s inventory of vacant lots to other uses...

2014 アーバンデザインツアー

この6月に、ケイジ、ザック、アキコの3名が当社の東京事務所を訪れた。1週間の滞在中で、筑波大学と神戸大学の建築学科にて講演会を行い、そこで我々がヒューストンとユタ州で取り組んでいるコミュニティデザインの実例を発表した。また、大阪に本社を持つ、コミュニテイデザイン事務所のスタジオLを訪問。彼らの主催でコミュニテイメンバー、市町村の職員、会社員、プランナー、デザイナー、学生と多岐にわたる人達をゲストとして招き、スタジオL代表取締役である山崎亮氏をはじめとするスタッフと2時間以上に渡る日本とアメリカのコミュニテイデザインの実情、将来の目標等数多くのことを討論し、アイデアを交流し合った。 もちろん、仕事の合間をぬって、ケイジとアキコは家族や友人に会う機会に恵まれ、久々の和食を堪能した。ミネソタ出身で、大の野球ファンのザックは休日には颯爽と単独で千葉マリナーズ対広島カープの試合観戦。アメリカと日本、コミュニテイが違うので、かかえている問題点も表層的には異なるが、世界中どこでも抜本的には健康的で、幸せで活気のあるコミュニテイを形成したい思いで溢れていることを再認識した出張であった。...

公共用地の重要性―ダウンタウン南部での発見

ヒューストンダウンタウン南部の最近の調査において、当社のプラニングチームは重要な発見をした。ビル群の間の「すき間」空間、つまり道路、歩道、公園、オープンスペースが土地の半分を占めるということである。これらの空間、プランナーやデザイナーの間では、「公共用地」と呼ばれる空間が実は、歩行者、自転車に乗る人、公共交通機関利用者にとって誘致可能で、住み易い空間、ひいては居住地区に変貌する可能性ももつ。これらを背景にダウンタウン南部・商業ビジネス地区における公共用地計画が始まった。 アプローチ:デリブ 2014年上半期に渡って行われたこのプロジェクト、当社はヒューストンダウンタウン管理局と組んだ。まず、いつものように指定地区を時間が許す限り歩き回ることから始めた。今回は単にプロジェクトを文書化するのみでなく、この空間にいることがどのようであるか、肌で感じることにあった。「デリブ」と呼ばれる無計画に歩き回るプラニングの戦略を使い、どの都市空間も醸し出している、その空間における魅力、驚嘆等を発見することにあった。あえて目的なく徘徊することにより、我々は偏見のない視線で興味深いものを見つけ、その方向に出向いた。この方法により、我々はおもしろい空間、小さなプラザ、さりげないパブリックアート、コンクリートの中の僅かなほっとする緑地等のみならず、障害物、無味乾燥な壁面、空き地等も発見した。最も重要なことは道路そのものが非常に均一的であることであった。 最初の視察 そこでこの地区の可能なデータを閲覧すると、最初の感想と一致する事実が多く浮き彫りにされた。このエリアの交通網は本来ならば多岐にわたる交通手段、目的から成るものであるが、どの道路も5車線の一方通行で、車を運転するものにとっては好都合であるが、住民や買い物客、乳母車を押す母親達には不都合なものであった。過去50年間において、ダウンタウンはそれでもあまり問題はなかった。というのも、多くがビジネス地区だからである。しかし近い将来、2000人以上の新居住者(と600匹以上のペット)が引っ越してくるとなると、どんなコミュニティが要求されるか考えるに至った。 また、ケビンリンチの著書「都市のイメージ」やヘンリー・レフェブレ「空間の生産」といった古典的な研究から「場」を作るのは単に物理的環境だけではないことも知っている。その「場」に愛着を沸かせるには我々の精神的なイメージが不可欠であるのだ。我々はこのヒューストンダウンタウン南部エリアに人々が移りたくなり、日々の生活、日々考え感じる状況にきちんと対応できる街づくりを推進したいと強く願った。 公共用地フレームワークの戦略 ダウンタウン管理局と協力し、次のような6つの戦略を考案した。 1)まず現状の道路の優勢的なモードを再分類してみた。つまりどの道路が車線が優先で、どの道路が自転車は歩行者との共生が可能であるか等である。市の自転車道路ガイドラインを参照に、どれが適しているか選択し、安全のために真ん中にプランター等置くことにより、車線との分離化も提案した。歩道については、多くの目的地を持つような道路を選んだり、「メトロシステム再考計画」を元に思考を繰り返した。   2)次にプログラムを思索し、個性ある公園やオープンスペースを提案した。既存の空間と新しい公園の可能性を思索し、そこには多くの、新たなるプログラム要素による改善策があると確信した。そして将来的に住居区間となるエリアは公園が不可欠と判断した。今後、ダウンタウン南部でこれらのオープンスペースがシンボルになることを期待している。   3)公共空間に加え、今回の調査では私有地や企業のプラザエリアも多くの改善の余地があることが分かった。そして我々はデザイナーや土地管理者のために官民空間に有効な自発的なデザインガイドラインを作成した。 4)多くの空き地、駐車場、空白の壁面が望ましくないものであることも分かった。そこでこのような空間、特に歩道となるところでは植栽、壁面緑化、パブリックアート等アイデア溢れたものでもっと楽しく活気溢れる空間にするよう指摘した。 5)またダウンタウンの境界外のところ、例えば第4地区、ミッドタウン、ダウンタウン東部でも多くの興味深いことがあることに注目した。しかし高速道路がダウンタウンの東西南部にまたがっていることからこれらの活動は多くは切断されている。このことを念頭に第5の戦略はダウンタウンとこれらの近隣地区とをつなげる新しい空間作りであった。それは橋の下から高架線下いう状況下でも、見た目も楽しく、新たなる公共空間を目指すものだ。 6)最後はスタディエリアの最南東部、まだ開発の圧力が薄い地区をも考慮することであった。ここでは一時的ではあるが、効果的な土地利用、例えばアーバン農耕とかパブリックアートといった、本格的に開発の余波が訪れる前に、既にそこのエリアのネガティブなイメージが払拭されるような改善を図るクリエイティブなフレームワークが提案された。 結果: 全般的には、ダウンタウン南部・商業ビジネス地区計画はヒューストンならではの計画と言えよう。どんな土地利用をすべきだとか、私有地に関して誰がどうするべきだとかには触れていない。が同時に、ビルの合間の「すき間空間」こそ、コミュニティを形成する空間であることを公共部門に投げかけたものである。 *「デリブ」とはフランスで50-60年代に台頭したアーティストや社会主義者からなるグループ、「シチュエーショナリスト・インターナショナル」が使った戦略である。詳細はガイ・デボーの「デリブ理論」で。全文オンラインで入手可。  ...

The Public Realm Matters…

…Discoveries in Southern Downtown In a recent study covering the southern reaches of downtown Houston, the planning team at Asakura Robinson made an important discovery.  We realized that the streets, parks and open spaces of our study area – the space between buildings – made up almost half of the...

2014 Urban Design Tour

  In June, Keiji, Zakcq and Akiko traveled to Japan to visit our office in Tokyo. While there, they had the opportunity to lecture at two universities, the University of Tsukuba and Kobe University, on our approach to public engagement and our recent work with communities in Texas and Utah....

Summer Urban Planning and Design Intern Position Available in Austin

The urban design and planning summer intern is a full-time 12 to 16 week position working closely with Asakura Robinson’s planning staff on a number of planning processes. The position will be based in Austin, Texas. Plans currently under development include mobility, bicycle, pedestrian and transit planning, urban design, community...

FM 1092 Access Management Study completed

FM 1092 (also called Murphy Road) is the main north-south corridor within the City of Stafford, providing access to regional destinations through freeway and transit connections, including US-59/I-69 and the METRO West Bellfort Park & Ride. Asakura Robinson provided public involvement and streetscape design expertise for the FM 1092 Access Management...

Washington Avenue Livable Centers Final Report Available

The final report for the Washington Avenue Livable Centers project, detailing all of our team’s research, process and 12 recommendations for the future of the corridor, is now available on H-GAC’s website or by clicking here. The plan was created over twelve months, working closely with community members, H-GAC and...

Five Corners Environmental Design Plan

For more than six months, we’ve been working with the Five Corners Management District, Houston’s newest such agency, which is boarded, roughly, by Main Street, Beltway 8 and State Highway 288 on Houston’s south side. The Environmental Design Plan is intended to help the district use its unique environmental assets,...

BetterHouston a finalist for an ArtsPlace Grant!

We are thrilled to announce that BetterHouston has been chosen as a finalist for an ArtsPlace Grant for the ArtWAVE initiative.  The official announcement and a list of all the finalists can be found HERE. In an effort to begin implementation of some of the recommendations proposed in our Washington...

Introducing Sara Zewde

Please join us in welcoming our newest planner and landscape designer, Sara Zewde! With an  MCP from MIT and a (currently underway) MLA from Harvard’s Graduate School of Design, Sara will work to bridge the two sides of our practice, while sharing our belief that good design can empower people....

Cite’s 30th Anniversary Edition!

Cite was launched 30 years ago just as a long run of boom years for Houston ended and a more complex global city was bubbling up. Ninety issues and over 1,000 articles later, we arrive at this 30th anniversary issue. Over the years, the magazine has served the function of preserving...

Help Shape the Future of our Region

In less than 30 years, our region is expected to add 3.5 million people. The Houston-Galveston Area Council is currently working with a group of regional partners (a number of us here at Asakura Robinson are serving on committees) to create a Regional Plan for Sustainable Development that will look...

Bagby Street Visualization

From project lead, Design Workshop, here’s a visualization of the Bagby Street Greenroads Reconstruction project in Midtown Houston. The video takes you from St. Joseph across West Gray and down to Webster. We’re very proud to have been a part of the team on this wonderful redesign that combines complete...

Park(ing) Day 2012

PARK(ing) Day is an annual worldwide event where artists, designers and citizens transform parking spots into temporary public parks. In September of 2012, Asakura Robinson teamed up with the ASLA Houston, BetterHouston, Elizabeth Austin Landscapes, Gensler, Houston Tomorrow, Landscape Forms, ParksByYou, and SWA Group to transform three surface parking spaces...

METRO Bike & Ride Plan Kickoff

It’s not often that planners have an opportunity to work on a project that hits so close to home. As those who know me well know, biking and transit play a major place in my life. I haven’t owned a car since 2001, and have been using transit and cycling...